お尻の黒ずみ解消の救世主!人気ケアグッズランキング

更新情報:2017.4.4 12:30 更新

気になるお尻の黒ずみの悩みを一人で抱えていませんか!?

お尻の黒ずみに悩む女性

日常生活の中で服を着ているのでお尻を露出するという事はほとんどありませんが、友達との温泉旅行や彼とのお泊りなど、意外に気になる時は多いですよね。
女性であれば誰でもお尻は綺麗にしておきたいものです。
そこでこのサイトでは、お尻の黒ずみの悩みを解消するのにオススメのケア商品を、人気ランキングにして紹介したいと思います。
綺麗なお尻を手に入れて、より良い人生を送ってくださいね♪

綺麗な女性のお尻

お尻の黒ずみ解消にオススメ!人気ケアグッズランキング

ピューレパール

ピューレパール

肌力を向上させ、肌を理想的な状態へ誘導

ピューレパールはお尻だけでなく、脇や膝、デリケートゾーンにも使える黒ずみ対策専用ジェルです。
そもそも黒ずみができた肌は、ダメージを受け、再生力が低下した状態です。
そのため、潤いをたっぷり与え、肌力を向上させることがとても大切です。

ピューレパールは、最高級の7大成分が含まれており、そのうちの4つの成分(トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、天然ビタミンE)が肌のバリア機能をアップさせ、理想的なターンオーバーを導きます。
また、4つの美白成分(プラセンタ、米ぬかエキス、グリチルリチン酸2K、ビタミンC誘導体)が、肌本来の働きを整え、メラニンを元から分解し、黒ずみの原因へダイレクトにアプローチし、肌を理想的な状態へ誘導します。

朝晩1日2回塗るだけで効果も持続し、夏の暑い時期でも気持ちよく使用できるよう開発されているので、苦にならずに毎日お手入れできます。

さらに、添加物を使用していないため、敏感肌の方でも使用できるのはもちろんですし、信頼ある国内の工場で製造されているため、品質管理も万全の状態なので安心感もあります。
初めての方限定で『60日間返金保証』といった制度もあるので継続して使用するには大変オススメの商品です。

ピューレパールの口コミ情報へ

ピューレパール公式サイト

イビサクリーム

イビサクリーム

顧客満足度96.7%の黒ずみ専用ケアクリーム

イビサクリームはメラニンの生成を抑えるトラネキサム酸と、肌の荒れを沈静化し肌を整えるグリチルリチン酸2Kを配合しており、2つの薬用成分で黒ずみを解消します。

さらに、黒ずみの正体であるメラニン色素の生成を抑制する4種類の植物成分を贅沢に配合しているため、メラニンを元から分解し、肌を整えて理想的な肌サイクルをサポートします。
さらに厳選された8種類の保湿成分が配合されており、肌に潤いを与えることにより、黒ずみを予防します。

そして、添加物を一切使用していないので、敏感肌の方でも安心して使用することができ、初めての方限定で『28日間の全額返金保障』があるため、初めての黒ずみケア商品で肌に合うか心配な方でも安心です。

イビサクリームの口コミ情報へ

イビサクリーム公式サイト

ピーチローズ

ピーチローズ

肌の特性を考えて開発されたピーチローズ

ピーチローズは、家庭で手軽に高品質のケアができ、低価格で続けやすいお尻用のニキビ・黒ずみケアクリームです。
薬用美白成分がシミや黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑え、高濃度保湿、94.6%の美容成分を含み、肌の特性を考えて開発された商品なので、ニキビも予防します。
しかも、1日朝晩2回の簡単ワンステップで面倒ケアは一切ありません。

初めての方限定で『60日間返金保証』もあるので、肌に合うか心配な方や、効果があるか不安な方にもオススメです。

ピーチローズの口コミ情報へ

ピーチローズ公式サイト

お尻に黒ずみができる主な原因

お尻の黒ずみのストレスイメージ

お尻はデリケートゾーンと同じ位黒ずみやすい部位であるため、自分のお尻が黒ずんでいないかとても気になりますよね。
何故お尻って部分的に黒くなるのでしょうか?
そもそも皮膚が黒ずむのはメラニン色素が原因です。
何故メラニンが生成されるのかと言いますと、皮膚を守ろうとする防衛反応からなのです。
メラニン色素が生成される根本的な原因とは、どのような事があてはまるのでしょうか?

日常生活の摩擦

日常のお尻への負荷イメージ

皮膚が摩擦による刺激や圧迫を感じた時にメラニン色素が大量に生成されるのだそうです。
ということは、お尻は圧迫や刺激を受けやすいパーツだと言えます。
確かに私達は日常的に座る動作を行いますので、まずこれが一番の圧迫となっているわけです。
ですが座らないわけにはいきませんよね。
長時間座り続ける事で血液が全身に回らないという異常事態がおきます。
いわゆる血流が悪くなるという現象です。
この事により圧迫が生じやすくなりますのでできるだけ座りっぱなしにならないように気分転換に立ち上がり、背伸びをするなどして対策をしていく事で圧迫を回避する事ができると言えます。

下着や衣類による摩擦

下着姿の女性のお尻

次に着用している下着や衣類にも原因があります。
小さめの自分のサイズに合わない下着やスキニーなどを履いていませんか?
お尻の黒ずみの一番の原因は着用してる下着や衣類によるものかも知れません。
きっつきつの下着をつける事によって常にお尻には刺激が生じます。
またそれが衣類とこすれ動く度に摩擦に加わります。
履いてるものがスカートでしたらまだ軽減もされるのでしょうが、きついスキニーなどのジーンズを履いていた場合さらに肌への圧迫が生じるわけです。
この状態が毎日長時間に及び続きますと、お尻にはかなりの刺激と圧迫が継続的に与えられてる事になり、皮膚は肌を守らなければとメラニン色素を大量に作り始めます。
これがお尻の黒ずみの原因になるわけですね。
また継続的に刺激が加わる部位になりますと皮膚は肌へのターンオーバーを早めようとする動きに変わってきます。
ターンオーバーを早めてしまうとどうなるかと言いますと、肌の再生に間に合わないうちにターンオーバーが行われてしまいますので、作られたメラニン色素は沈着し剥がれ落ちるべきメラニン色素も層となっていきます。
この事により皮膚が黒ずみ、硬くなり、負のスパイラルとなるわけです。
お昼間に着用する下着や衣類を自分のサイズに合ったものに変えるだけで皮膚に対してのダメージを減らしてあげることができるのではないでしょうか。
夜などゆっくりする時間には、肌に優しいゆったりとした下着や衣類を着用するだけで負担を減らせるのです。
それから着用する下着などの生地(素材)にも黒ずみの原因はあります。
ナイロン生地などの下着は、皮膚とこすれるとかなりの刺激になります。
もちろん摩擦も生じますので、なるだけ下着選びには肌に優しい天然素材のものを選ぶと良いと言えます。

原因を理解するだけで、自分なりに対策をとれますので日常生活で意識し改善していく事が可能です。

お尻の黒ずみを解消する方法

お尻の黒ずみを解消する為に摩擦軽減を心がける

お尻の黒ずみを気にかける女性

お尻というパーツに黒ずみが生じてしまった時は、摩擦を意識してみると良いでしょう。過度な摩擦が、黒ずみを生み出している事が多いからです。
ここで言う摩擦とは、2つの要素が関わってきます。
衣類などが接触した時による摩擦と、乾燥などがポイントになるのです。

下着による摩擦に注意

下着の女性のお尻

例えば、下着類などは要注意です。
数あるインナー類の中には、ちょっと締め付けが強いタイプがあるでしょう。
ゴムのサイズなどが不適切ですと、当然肌に対する刺激を強くなってしまいます。
また素材なども注意を要します。
下着も色々ありますが、ナイロン製などは要注意ですね。
ゴムによる強い締め付けなども黒ずみ原因になってしまいますが、やはり強い摩擦を生み出す素材なども、皮膚に対して悪い影響があります。
それゆえにお尻に対する黒ずみを何とかしたい時には、まずインナーの見直しが推奨されます。
やや締め付けが強いと自分でも気になる時などは、あまり締め付けられないタイプのインナーを選ぶと良いでしょう。
それと、もちろん生地などもポイントになってきます。
基本的に化学素材の生地などは、どうしても肌に対する刺激が強くなってしまいます。
それよりは、天然素材のインナーを着用する方が良いですね。
いわゆるナイロン製の下着などを着用するよりは、肌触りがソフトな天然素材の方が、摩擦も小さくなると思われます。
ちなみに摩擦などで黒ずんでしまった時は、やや厄介な傾向があります。
いわゆる摩擦黒皮症と呼ばれる状態になってしまい、かなり皮膚の深い箇所に対して黒ずみが生じてしまうからです。
したがってインナーを交換する事は、かなり重要と言えます。

入浴時の摩擦に注意

入浴中の女性

また入浴時にも、少し気をつけた方が良いですね。
人によっては、入浴時に必要以上に強く擦ってしまっています。
過剰な摩擦などは、やはりお尻の黒ずみを生み出してしまう訳です。
よく言われる事ですが、基本的にはソフトに洗浄する姿勢が望ましいでしょう。
黒ずみ解消を希望するならば、泡を転がす位のソフトさで問題ありません。
また普段から用いている洗浄用ツールなども、実は軽視できない一面があります。
タオルによっては、ちょっとお尻に対する刺激が大きすぎて、黒ずみを生み出してしまう事もあるからです。
したがって黒ずみ解消を望むならば、タオルのチェンジも検討するべきでしょう。
その他にも、着席時の圧迫もあります。
人によっては椅子に座っている時に、お尻に対して大きな刺激が加わってしまう訳です。
当然大きな圧迫は、黒ずみを生み出してしまうでしょう。
それを考慮すると、着席時間の改善などが望ましいです。
あまり長く座りすぎている時などは、できるだけ時間を減少するよう試みた方が良いでしょう
また座っている時の姿勢も意識する方が良いです。
お尻に対する負荷が小さくなるクッションも併用して、できるだけ刺激が小さくなるよう心がけた方が良いですね。
このように様々な側面からの「摩擦の軽減」を試みることが、お尻の黒ずみを解消してくれる傾向があります。

お尻の黒ずみを予防する方法

お尻の黒ずみを発見するイメージ

せっかく努力してお尻の黒ずみを治してもケアを怠ってしまっては意味がありません。その為、黒ずみの予防をしていく事が大切なので、その方法をいくつか紹介していく事にしましょう。

座る時の負荷を軽減

椅子に座る女性

お尻に黒ずみが出来てしまう原因としてまず挙げられるのが負荷をかけ過ぎてしまい刺激を与えてしまう事です。
お尻に負荷をかける時は主に椅子に座る時なので注意する必要があります。
椅子に座る時に長時間座ってしまうとお尻に負荷をかけ過ぎてしまって刺激を与えてしまうので適度に立ち上がったりするようにしましょう。
適度に立ち上がるとお尻に負荷がかからない時間が多くなるので効果的です。
また椅子に座る時間が長くなってしまう場合は厚めのクッションなどを椅子に敷いて座るようにするとお尻にかかる負荷が軽減出来て黒ずみを予防していく事が出来ます。

入浴時の摩擦を軽減

入浴中の清潔な女性

入浴中には体を清潔にしようという気持ちから無意識に強く洗ってしまう事がよくあります。
そのためお尻にも強い刺激を与えてしまい黒ずみが出来てしまう事もよくあります。
黒ずみが出来ないように予防していくにはナイロンタオルなど強い刺激を与えるものは使わないで綿やタオルなどを使って洗うようにしましょう。
またタオルを使わないで手で洗うという方法も効果的です。
お尻はズボンを履いていて通気性が悪くなっているので蒸れやすいくなり汗をかいてしまう事が多いです。
そのため毛穴が詰まってしまいニキビなどが出来てしまいニキビが治った部分が黒ずみになってしまう事があります。

お尻の通気性を良くする

デニムの女性のお尻

黒ずみが出来ないように予防していくにはお尻の通気性を良くして清潔に保ち続けるという事が大切なので履くズボンのサイズをゆったりめにするなどお尻の通気性が良くなるようにしてみるといいでしょう。
お尻に負荷がかかって刺激を与えてしまうと肌を保護しようとするので、古い角質が残ってしまい、次第に黒ずみになってしまう事があります。
そのため古い角質を取り除くピーリングをする事で新しい角質に戻す事が出来ます。
そのため黒ずみを予防する事が出来るようにもなります。
またピーリングをした後は乾燥しないように保湿させるという事も大切になってきます。

保湿・マッサージ

お尻に潤いを与える女性

乾燥してしまう事も黒ずみが出来る原因なのでクリームなどを塗って肌に潤いを与えてあげると黒ずみを予防していく事が出来ます。
入浴後になるとお尻が温まって柔らかくなっているので適度にマッサージしてあげると効果的です。
お尻をマッサージすると血行が良くなって肌のターンオーバーを正常に保ち続ける事が出来るようになります。
そのため肌の免疫力も高まるので刺激を与えてしまってもしっかり対応する事が出来るようになり黒ずみを予防していく事が出来ます。
お尻のマッサージは強くしてしまうとお尻を痛めてしまうので優しくほぐすような感覚でしていくといいでしょう。

お尻の黒ずみ体験談

なんでこんなところが汚くなるの??

横たわる女性のお尻

これは、私が自分の体を見て衝撃を受けた話です。
当時私は、太っていました。
150cmで60キロ・・・かなりのおデブさんだったのです。
太ったことのある人はわかるかもしれませんが、太りすぎると肌と肌がこすりあって傷になったりするのです。
痛かったり恥ずかしかったりで・・・とにかく悩みを打ち明けることすらできていませんでした。
そして普段鏡を見ない私ですが、たまたま鏡に映った自分を見たときは本当に衝撃でした、、、。
自分の顔にも正直驚きましたが、何より驚いたのが体が汚いことなのです。
「え・・・」となったのを今でも覚えています。
太っているせいで、段になっている部分が洗えていなかったり他のものとこすれて黒ずみになったりしていたのです。
思わず、泣き出してしまうほど自分の体が汚かったのを覚えています・・・
特にひどかったのがお尻です。
お尻は普段座ることも多いですしおなかなどと違ってパンツをはいているのでこすれやすいのです。
座ってお尻をいすなどでかいてしまったりするのを繰り返しているとほんとうに汚くなります(笑)
お尻の黒ずみは、こすれでできてしまうことが多いようです。
また、普段見えない部分だからといって手を抜いていたのも事実です。
お尻をだす職業何てなかなかないですもんね。
お尻は、男性の好きなパーツの上位にもランキングしているくらいですししっかりケアしようと思いました(笑)
それからは、スクラブもしてケアしています。

参考文献

一般社団法人 日本美容外科学会 JSAPS
http://www.jsaps.com/

日本美容外科学会
http://www.jsas.or.jp/

公益社団法人日本通信販売協会
http://www.jadma.org/

一般社団法人 日本全身美容協会
http://www.mhlw.go.jp

総務省
http://www.soumu.go.jp/

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp