入浴時のお尻の黒ずみ対策

恥ずかしいお尻の黒ずみを消し去りたい

お尻の黒ずみは小さい場合は比較的簡単に治せますが、大きくなってしまうと治るまで時間がかかってしまうのでいろいろと手間がかかってしまいます。
そのためお尻の状態は常に確認しておいて黒ずみが出来ているのをなるべく早く発見する事が大切です。

黒ずみが小さい状態で早めに発見出来れば解消出来るまでにそれほど手間がかからないので日常生活の中でお尻の状態を確認しながら注意するようにしましょう。

ゴシゴシ洗わない

湯船に浸かる女性
お尻の黒ずみは触るとゴワゴワするのが特徴です。
ゴワゴワと取り除くために、入浴中にお尻を洗う時につい力をこめて洗ってしまいがちですが、これではNGです。
力をこめることで余計な摩擦を加えてしまい、黒ずみを悪化させる可能性があります。
特にナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと黒ずみが出来る事が多いので弱酸性のボディソープをしっかり泡立てて手で優しく洗うとお尻に刺激を与えなくなります。

モコモコの泡をたくさん作って

モコモコな泡
まずは石鹸の泡立て方ですが、少し面倒かもしれませんがモコモコの泡をたくさん作ってください。
モコモコな泡は吸着力が強く、肌へのダメージが抑えられるのでしっかりと泡立てるようにしましょう。
そしてニキビがない場合はそこに粒子の細かい塩をひとるまみ入れると、黒ずみ解消効果がアップします。
洗うときは手とお尻が触れないように泡で優しくあらうようにしましょう。
洗い終わったら泡が残らないようしっかりとすすぐようにしてください。
お尻の汚れを優しく落としたあとはピーリングをしていきます
タオルで水分を優しく拭いてから、顔用のジェルタイプのピーリング剤を指先にとりくるくると軽く回してください。

垢すりは厳禁

体を洗う女性
なお洗浄時には、垢すりなどは使わない方が良いでしょう。
たまに日常生活での洗浄時に、毎回垢すりを使う方々も居るのですが、少なくともお尻の黒ずみにはそれは良くありません。
過度な刺激が加わって、黒ずみが悪化する傾向があるからです。
それどころか、過角化をエスカレートしてしまう事さえあります。
洗浄時の刺激で、黒ずみが悪化する事が多いからです。
上記でも触れた通り、とにかく洗浄時はソフトな姿勢が望ましいですね。
泡を肌の上で転がすようなイメージとは、よく言われる事ですが、それくらいのソフトさで洗浄するよう心がけてみると良いでしょう

ソルトスクラブを使う場合は注意

ソルトスクラブ
古い角質を徐々に取り去ってあげるようなスキンケアが有効です。
ソルトスクラブを使う場合、優しくマッサージしてあげることが大切です。
これは、やり過ぎると肌をいためてしまい逆効果になる可能性があるので、週1回くらいにとどめた方がオススメです。
スクラブの後は必ずローションやクリームで保湿することがポイントです。
保湿して肌を柔らかく潤った状態にしていくと、次第に黒ずみが和らいできやすくなります。
座る時間を減らしたり、肌に優しい素材の下着をつけることも大切です。
こうした日々のケアにより、お尻の黒ずみや角質のザラザラを抑えることが可能です。
最近ではお尻専用のスクラブ剤や美白クリームも市販されており、以前より手軽に黒ずみケアが出来るようになりました。
美容皮膚科で専門医に相談する方もいるようですが、まずは自分で出来るセルフケアが肝心です。

お尻の黒ずみ解消を望むなら!人気ケアグッズランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*