お尻の黒ずみに潤いを!黒ずみをきれいにする

お尻の黒ずみをきれいにするために

お尻は普段ズボンや下着を履いているので自分で見るというのは少ない部位ですが、黒ずみが出来てしまった時に気づくのも遅くなってしまう事が多い部位でもあります。
お尻に黒ずみが出来てしまっても普段は隠れている部位なのでそれほど問題はありませんが、友人と旅行に行って一緒にお風呂に入る時などにお尻に黒ずみが出来ているとコンプレックスになってしまいます。
お尻の黒ずみも放置してしまうと酷くなってしまう事もあるのでしっかり対策をしていく必要があります。
そこでお尻に黒ずみが出来た時の解消法をいくつかご紹介していく事にしましょう。

肌の乾燥も原因になる

保湿のイメージ
肌が乾燥して刺激を受けるようになると、肌は刺激から守ろうと新陳代謝を早めます。
これにより角質層を厚くする事ができるからです。
このような現象を過角化と言います。
過角化により角質が厚くなると、肌を保護するためにメラニンが色素沈着をして黒ずみになってしまうのでお尻を乾燥させないという事も大切になってきます。
入浴後に顔などの保湿ケアをしている時にお尻も保湿ケアをして乾燥するのを防ぐと黒ずみも次第に解消されていきます。
石鹸で洗い、ピーリングが終わったら顔の洗顔後のようにお尻を化粧水で保湿しましょう。
肌は乾燥すると外からの刺激から自らを守ろうとして肌の表面を厚くします。
それによってお尻の皮膚に乾燥とざらつきのある過角化が起こります。
乾燥しざらついた皮膚だと、お尻の黒ずみがより目立つことになってしまいます。。

保湿クリームを優しく塗る

綺麗なお尻
摩擦で荒れてしまった肌を保護するためにも、保湿クリームを優しく塗ってあげましょう。
お風呂からあがったら、すぐに保湿クリームを塗るように心がけましょう。
また、朝の着替え時にも保湿クリームを塗ることで、1日の摩擦から肌を守ってあげることもできます。
学校の授業や仕事などで座っていることが多い人は、朝にも保湿ケアしてあげると黒ずみケアの効果をあげることができます。
お尻に刺激が与えなくなると黒ずみも解消されていきます。
お尻は通気性が悪くて蒸れやすいので汗をかく事が多いですが、乾燥もしやすい部位なのでダメージを受けてしまう事が多いです。

お尻の黒ずみ解消のお手伝い!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*