刺激を防ぎお尻に黒ずみが出来ないようする

お尻の黒ずみの原因を知り、予防することが大切です

普段は服を着ているのでお尻を見るという事はあまりありませんが、入浴中にお尻を見てみると黒ずみが出来ているという事もよくあります。
お尻は見る機会が少ないので黒ずみが出来ているのに気づいた時は大きくなっているという事もよくあります。

お尻が露出する部位ではないですが、黒ずみが出来ているとコンプレックスになってしまうので出来ないように予防していきましょう。
お尻に黒ずみが出来るのは他の部位に黒ずみが出来るのと同じで刺激を与える事です。

長時間椅子に座るのを避ける

長時間椅子に座る
まずお尻に刺激を与える事は椅子に座っている時で特に長時間座っている人ほど刺激を与えてしまいます。
仕事などで椅子に長時間座らなければいけないという事もありますが、立ち上がったり適度に休憩を入れるなどして椅子に長時間座った状態をなくすようにするといいでしょう。
また椅子に座布団やクッションなどを敷いてお尻に強い刺激を与えないように工夫してみましょう。

お風呂でゴシゴシ洗わず、優しく

湯船にしっかりとつかり温まる
いくらきれいにするためでも、洗いすぎは立派な黒ずみの原因になります。
ボディソープや石鹸を良く泡立て、お尻をマッサージするようにやさしく洗いましょう。
垢擦りやナイロン製のものは避けるようにして、綿やシルク素材のタオルを使用すると肌への負担を少なくしてくれます。
ニキビができている時には、何も使わずに手指の腹で洗う事もおすすめです。
そして石鹸のすすぎ残しがないように、よく洗い流しましょう。
一日の疲れを取るお風呂はできればシャワーではなく、湯船にしっかりとつかり温まることも大切です。

自分に合った下着を選ぼう

天然素材を使用した下着
そこで下着を選ぶ際は、肌触りの良いものや天然素材を使用した下着を選ぶことをお勧めします。
こういった素材の衣類は、肌にもやさしく汗の吸収にも優れているので、摩擦による刺激の予防になりますし、蒸れを感じやすい生理中にも適しています。
天然素材の下着は少し値段が高いかもしれませんが、お尻にできてしまった黒ずみのためにエステに通ったり高価なクリームを買ったりすることを考えると安いと思います。
また締め付けのきつい下着は避け、負荷があまりかからないサイズの下着を選ぶ事をおすすめします。

お尻を洗うときの刺激に注意

石鹸の泡
黒ずみを気にするあまり、お風呂でゴシゴシ洗いすぎてはいませんか。
いくらきれいにするためでも、洗いすぎは立派な黒ずみの原因になります。
ボディソープや石鹸を良く泡立て、お尻をマッサージするようにやさしく洗いましょう。
垢擦りやナイロン製のものは避けるようにして、綿やシルク素材のタオルが肌への負担を少なくしてくれます。
ニキビができている時には、何も使わずに手指の腹で洗う事もおすすめです。
そして石鹸のすすぎ残しがないように、よく洗い流しましょう。
一日の疲れを取るお風呂はできればシャワーではなく、湯船にしっかりとつかり温まることも大切です。

お尻黒ずみ解消を徹底的に行おう!人気商品ランキングトップへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*