部分によって異なるお尻の黒ずみの原因

お尻の黒ずみの原因は

お尻の中にも様々な部分があり、黒ずみができる原因も異なります。
お尻の黒ずみには黒ずむ場所によって2種類があると思います。

肛門

デニム姿の女性のお尻
肛門は粘膜または粘膜の周辺となるので、それに関係する黒ずみが発生します。
腸の分泌物は酸性なので、それが肛門に付着すれば皮膚は黒ずんでしまいます。
黒ずんでしまうとは言っても急激に黒ずむわけではなく、少しずつ、毎日見ていれば気が付かない程度で黒ずんで行きます。
なぜ腸の酸性の分泌物が肛門に付着するのかということですが、肛門からは自分では何も出ていないように感じていても、
ほんの少しずつですが肛門から腸の分泌物が漏れ出しています。
それと腸内の液体が一気に放出されて肛門に付着する瞬間と言うものがあります。
それは排便時です。
排便時に特に多くの酸性の液体が肛門に付着して、肛門を黒ずませてしまうのです。

お尻の丘の部分

座って圧迫されているお尻
いわゆる臀部と呼ばれるこの部分は座ったりする時に体重がかかる部分となります。
体重がかかる部分と言うのは細胞が圧死してしまったり擦れてしまったりして黒ずんでしまいます。
また、力がかかる部分にはできものができやすくなり、それが潰れて治ったあとなども黒くなってしまう場合があります。
お尻の丘の部分が黒ずんでしまう事の解決法としては、座る時に必ずクッションなどを使うというような方法が考えられます。
クッションを使う事によってお尻にかかる負担を減らせばお尻の黒ずみは少なくなるでしょう。

なんとかしてお尻の黒ずみを解消したい方へ!人気商品ランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*